導入事例

台湾から機械部品を
輸入する機械部品商社B社 様
台湾から機械部品を輸入する機械部品商社C社

導入サービス:グローバル調達支援ペイメントサービス

どんな課題をお持ちでしたか。

①台湾のサプライヤ9社からバラバラに輸入すると、輸送コストが高い。送金コストが高い。
②輸出条件ではMOQ(最低発注数量)が大きいので、無駄な物流コストが発生する。
代金の前払いなどの不利な輸出条件を提示された。。

導入するきっかけについてお聞かせください。

下記メリットが得られ、課題を解決できると考え導入を決めました。

①まとめて送るから輸送コストが安くなる。
②日本国内でヤマトにまとめて払うから送金コストが安くなる。
③台湾国内でヤマトが買うから、MOQを気にせず、輸出のリスクなしの台湾国内価格で買える。
④不要な商品を買わないから日本での在庫コストが安くなり、廃棄損も発生しない。
⑤前払いはなくなり、30日後の支払いとなる。

企業様情報

会社様
台湾から機械部品を輸入する機械部品商社C社 様
事業内容
輸入
導入サービス