女性が活き活きと働ける職場環境づくりを目指して

女性が活き活きと働ける職場環境づくりを目指して

全ての女性社員がより活き活きと働き、管理職を目指せる企業風土や職場環境づくりを目指しています。
この実現のため、2016年4月、女性活躍推進法における「女性活躍推進の為の行動計画」を策定※1し、さまざまな取り組み※2に着手してまいります。

行動計画概要(計画期間:2016年4月1日~2018年3月31日)

目的 女性が管理職を目指しやすくなるよう就労環境の整備を行うこと
数値目標 「管理職を目指したい」と思う女性を40%以上にする
[現状は30%]
取組内容 (1)ダイバーシティの意識の醸成
(2)役割・昇格要件を明確にし、キャリアプランを描き易くする
(3)管理職育成のため、キャリアアップ研修を実施する

※1.「女性活躍推進企業」としての認定取得にチャレンジしています
※2.今後の取り組み事例は、順次、公表予定

女性活躍推進法における当社の実状

  当 社※ 世間平均
女性採用比率 38% 11.6%
勤続年数
(男女差異)
男14.3年
女12.1年
(2.2年)
男13.3年
女 9.1年
(4.2年)
労働時間(残業) 平均18.1h --
女性管理職比率 4.8% 7.5%

※当社数値…2015年度末の状況より
※世間平均…出典:厚生労働省 労働政策審議会建議
(女性の活躍推進に向けた 新たな法的枠組みについてH26.9.30)「参考資料」