会社紹介・先輩の声

ヤマトクレジットファイナンスはこんな会社です

ヤマトグループのフィナンシャル事業を担う

ヤマトグループの金融機能を担う

ヤマトグループは、創業100周年を迎える2019年までに「アジアNo1の流通・生活支援ソリューションプロバイダー」として、ソリューション力、配送品質、顧客満足ともにアジアで ダントツの地位確立を目指しています。当社は、2005年からその一員として、物流金融事業の開発に取り組んできました。
2012年8月には社名を「ヤマトクレジットファイナンス株式会社」(YCF)と変更し、ヤマトグループの物流金融サービスを提供する金融会社として新たにスタートを切りました。
目指すのは、BtoB通販市場をはじめとする「小口BtoB間の商取引市場」のさらなる拡大です。宅急便のアジア展開も視野に入れながら、これまで以上にグループ連携を 図っていきます。

入社後、半年にわたる研修で確実な成長を

クレジットと物流を融合させた物流金融で優良な中小企業を支援

〇『クレジット事業』では、「ショッピングクレジット」を中心として「ハウスカード」「ビジネスクレジット」などの決済サービスを展開しています。今後は、ヤマトグループの「バリューネットワーキング構想」に基づき、国内唯一の物流系信販会社として新しいサービスを創出し、商品を販売する加盟店企業とその顧客となる消費者のニーズに応えていくことを目指しています。

〇『物流金融事業』では、ヤマトグループの各種物流機能と当社の金融機能を融合した銀行とは異なる独自のアプローチで買手の支払を保証するサービスを提供しております。
例えば、企業間取引における与信や請求書発行、集金業務を代行する「クロネコあんしん決済サービス」、通信販売において、商品が届いた後に最寄りのコンビニエンスストアや郵便局で支払いができる新たな決済方法である「クロネコ代金後払いサービス」を提供しています。

採用担当からのメッセージ

こんな人を求めています!
  • 向上心をもって、継続して努力できる方。
  • 誠実に仕事に向き合える方。
  • 協調性、人とのコミュニケーションを大切にできる方。

先輩の声

木村さん(23歳) 関東営業部 2012年4月 入社
木村さん
関東営業部 2012年4月 入社
これが私の仕事
「クレジットを利用する既存加盟店の取扱高増強と新規加盟店の獲得」 私が現在担当しているのは「ショッピングクレジット」というサービスの営業です。
ショッピングクレジットとは簡単に言うと「高額商品や高額サービスの代金を分割払いすることができる決済サービス」です。 具体的な仕事は、既存の加盟店(エステサロンや呉服屋)を回り、利用促進を行っています。同時に新規加盟店を獲得するために、 リストアップやアタック営業活動を行っています。
また、ヤマトグループの一員として、グループ各社のサービスを複合したソリューション営業を実践しており、 決済サービスに留まらず、物流目線での総合提案を心がけています。
だからこの仕事が好き!
一番嬉しかったエピソード
「地道な営業活動が数字に表れたとき」 今年の1月に配属され、最初は全てのことが初めてで、担当加盟店(店舗)の担当者様の顔と名前を覚えるのに必死の状況でした。
もちろんそのような状況ではお申込み(オーダー)も来るはずなく、取扱高も減少する一方でした。前任から引継ぎ、 自分が担当になった途端数字が伸びず、とても悔しかったです。
このままではいけないと、とにかく行動にうつしました。すぐに数字に表れる訳ではありませんでしたが、とにかく諦めずに担当店舗を訪問し、 自分が担当であること、お申込みを頂きたいことをアピールしました。すると、4か月も経つ頃には徐々に取扱数字が伸び始め、 その頃には店舗の方とも仲良く話せるまでになりました。
ショッピングクレジットは行動量が数字にダイレクトに反映する点が面白く、それが自分のやりがいに繋がっていると感じます。
ズバリ!
私がこの会社を選んだ理由
ここが好き
「女性の活躍と新規事業(物流金融)が魅力的」 私は就職活動中「女性が活躍していける仕事」がしたいと考えて活動していました。
この会社は女性の社員が多く、ヤマトグループ全体でも女性の活躍が目立っていたので、自分もここで働きたいと思いました。
実際に働いてみて、営業部にはまだ女性が少ないものの、みなさん和気あいあいと働いていて、悩みがあれば親身になって相談に乗ってくれる 頼れる先輩ばかりです。また、弊社には「ショッピングクレジット」の他にも「クロネコあんしん決済サービス」「クロネコ代金後払いサービス」等、 まだ市場を開拓しきれていないサービスもあります。成長中の事業ということもあり、 自らが責任を持って積極的に行動を起こしていかなければならないところに惹かれました。
佐藤さん(24歳) 福岡支店 2012年4月 入社
佐藤さん
広島支店 2012年4月 入社
これが私の仕事
「販路拡大のご提案」 クロネコヤマトと言うと「宅急便」のイメージが強いと思います。
しかし、宅急便以外の事業も幅広く行っており、私は「ショッピングクレジット」「クロネコあんしん決済サービス」と決済商品の営業をしています。
他の信販会社と違い、「ヤマトグループの信販会社」という強みを生かして、決済だけでなく物流面の課題、営業面での課題に対してグループ商品を使った様々な提案を行い、お客様の販路拡大をお手伝いしていきます。
だからこの仕事が好き!
一番嬉しかったエピソード
「『さすがヤマトさんですね』と言って頂けた時」 まだまだ経験も浅く営業としての成績もありませんが、お客様のお困りごとに対して自社商品やグループ会社商品の提案をした時に、契約には至らなかったものの「さすがヤマトさんですね、このような提案をされたのは初めてですよ」と言って頂けた時は非常に嬉しく思いました。
ズバリ!
私がこの会社を選んだ理由
ここが好き
「ヤマトグループだからこそできる提案がある」 就職活動は「営業職」を中心に様々な業界をまわりました。
沢山の企業を見た中で、私がこの会社に決めたのは「ヤマトグループ」という強みを生かして、様々な角度から提案ができる点に魅力を感じたからです。「ヤマトグループの経営資源を活かしたソリューション提案」を行うためには自社商品だけでなくグループ会社の商品知識も身に付ける必要があります。
覚えることが多く大変ではありますが、やりがいを持って働ける環境であると実感しています。
酒匂さん(25歳) 国際物流金融部 2011年4月 入社
酒匂さん
国際物流金融部 2011年4月 入社
これが私の仕事
「ヤマトグループのグローバル事業推進への貢献」 ヤマトグループでは、アジア経済のグローバル化にあわせて国際間ネットワークを強化させ、お客様のニーズを満たすサービスの構築を目指しています。
当社では、国際間あるいは特定の海外国内・域内での物流に金融機能を付加したサービスの提供を展望しており、お客様の「国際間物流の簡素化・効率化を図りたい」「進出している海外国/域内での仕入・販売の効率化を図りたい」といった「お困りごと」に対し、海外現地法人を含むヤマトグループ各社と連携しながら、ソリューション開発を進めています。
目下、当社の国内における決済サービスを海外、特にアジアのお客様にも利用して頂けることができないかについて、研究・開発を進めることが私の仕事です。
だからこの仕事が好き!
一番嬉しかったエピソード
「当社の国際物流金融業務の魅力」 ヤマトグループが既に進出している国・地域を色々な角度から調査することで事業展開の可能性を探っており、「よい商品」を海外のお客様になるべく早くご利用頂けるよう、必要に応じて海外出張もしながらグループ各社のメンバーと調査・議論を重ねています。
当社の国際部門は発足から日が浅く、私も入社してまだ3年目のため分からないことばかりなのですが、調査のテーマや手法についてはある程度任せて頂いており、かなりのプレッシャーを感じながらもやりがいのある刺激的な毎日です。
当社は国内の金融会社ですが、金融の切り口でヤマトグループのグローバル事業と関わり、経済のグローバル化を肌で感じられるところが、この仕事の一番気に入っているところです。
ズバリ!
私がこの会社を選んだ理由
ここが好き
「ヤマトグループの金融会社としての幅の広さ」 就職活動では、金融業界を中心に様々な企業の説明会に参加していました。
当社の説明会に参加したのは偶然だったのですが、ヤマトグループ各社との連携により、お客様に対して、金融サービスだけでなく「物流~金融・決済」まで、幅広いサービスを提供することができる点で当社に大変魅力を感じました。
実際に入社してから働いている中でも、グループ他社と連携する仕事が多く、広い視野を持つことができると感じています。